ヘルプセンター

どんなにニッチな業界でも対応していただけますか?

どんなにニッチの業界でも対応させていただきます。今までの取引先は驚くほど多岐にわたっており、業界・社歴・規模に関係なく、経営者プライベートコンサルティングをご利用いただいております。経営者のご相談を直接お聴きして対応する部分は共通ですが、その相談内容はそれぞれであるので、疑問に思われること、お悩みや心配事など、どんなことでもご相談いただけます。

市場の変化に十分対応することができず、苦境にたたされています。事業改革に力を貸してください。

経営者の皆様とともに、何をすべきかを判断していくために、いまどんな状況にあるのか、市場環境や社内環境を正しく理解していける情報をまとめていくことからはじめます。そこから課題と問題点の把握して、対応策を考える上では、自社においてしていきたいことと、自社で出来ることに分けながら、すぐに結果が出そうなところから進めて参ります。

経営者プライベートコンサルティングは本当に弊社に適したサービスなのでしょうか?

経営者の仕事と言えば、営業、マーケティング、商品開発、資金調達、人材採用、マネジメント・・のように、とにかく会社運営に関わること全部であるのですが、果たして相談するのは、どこの誰にするのがベストなんでしょうか! 例えば、営業の問題に商品開発や人材教育も絡んでいるというのはよくある話です。経営者が知りたい、本音で確認したいことを分野を問わずに、気軽に聞ける専門家としてご利用ください。

身内の人間関係が影響して進まない、事業承継の問題も相談しても良いですか?

​はい、もちろんです。日本の中小企業の大半は、親族で運営をしている「家族型経営:ファミリービジネス」が圧倒的に多く、金銭的な心配事からの相続対策、経営支配権に関わる株式の所有問題、あとは親子・兄弟間の経営思想の違いによる方向性の不一致など、上手くいっている会社があるのであろうかと、思わず呟きたくなるぐらいに、会社経営における事業承継は大問題なのですが、増野の得意分野でありますので、安心してご相談ください。

 

​毎月1回・1時間のコンサルティングで成果は出るのでしょうか?

このご質問はよく頂くのですが、経営者の皆様とマンツーマンで集中してお話をする1時間の中では、想像以上のボリュームとなるやり取りができますので、現在ご利用中の経営者様からは、お一方も時間が少なかったという意見はなく、反対に中身が濃すぎて途中の段階で頭がパンパンになってきたと感想が多く、後から動画記録を使い、自分がしていく行動の確認や、セッション中に出たアイデアの数々をまとめて作業をしていかれています。

リモート・オンラインはどのようなスタイルで進めていくのでしょうか?また、録画記録って何ですか?

​オンラインツール『ZOOM』での個別セッションを行います。経営者の方はご都合の良い時間を設定していただき、お話がしやすい場所でコンサルティングを受けていただけます。オンラインの大きなメリットはご相談内容を記録できることにあり、すべて録画データをYouTubeへの限定動画でご提供させていただきます。利用中の経営者の方々は何度も見直しができて、大変便利であると好評をいただいております。